作業員

地面が引き起こす被害を抑える平板載荷試験をしよう

目的に合わせた方法を

工事

地盤調査には、スウェーデン式サウンディング調査という、比較的安価かつ短期間で実施可能な方法が木造住宅に多く使われています。また、ボーリング調査は最も基本的な方式ですが費用が高く、表面波探査法などの比較的費用を抑えながら正確性を求める方法もあります。

地盤が沈むリスク

工事現場

建物を支える上で重要なのが地盤ですが、地盤は脆い場所もあり、特に埋立地など地層が細かい粒子で出来ている場合には大地震が発生した場合に液状化が発生する可能性があります。このため、このような地層のある地域では液状化対策が建物を建てる上で重要です。

大切なこと

ヘルメット

ビルなどの火災などを教訓にして防火対象物点検が義務付けられるようになっています。しかし実際の手順に関しては非常に細かく取り決められているため、内容を把握して実行することが難しい部分も出てきます。そのため代行で点検を実施して点検結果の報告書を作成してくれる会社が注目されています。